2018年6月18日

伝統工芸職人の活動支援を行うニューワールドとの資本業務提携を決定
~「minne(ミンネ)」と伝統工芸品とのシナジーを図る~

  • GMOペパボ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)は、本日2018年6月18日(月)に、伝統工芸職人向けのマーケティング支援と動画コマースサイト『CRAFT STOREクラフトストア』(https://www.craft-store.jp/)の運営を行うニューワールド株式会社(代表取締役:井手 康博 以下、ニューワールド)と資本業務提携を行うことを決定いたしました。
 GMOペパボは、ニューワールドとの資本業務提携を通じて、ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMO(以下、minne)」(URL:https://minne.com/ )とのシナジーを図りながら、伝統工芸品の販路拡大に寄与してまいります。

【ニューワールドとの資本業務提携の背景 ~伝統工芸品と「minne」~】

 日本の伝統工芸品産業市場は、1983年(昭和58年)のピーク時と比較すると、従事者数・生産額ともに減少傾向にあり、およそ30年経過後の2012年(平成24年)の時点では、5分の1程度に縮小しています(※1)。このような中、経済産業省においては、「伝統的工芸品産業支援補助金」をはじめ、伝統工芸品に関わる後継者の育成や商品開発、販路拡大などの様々な取り組みが進められています。こうした取り組みを背景に、昨今では“手仕事”による日本の伝統工芸品の魅力が国内外で再評価されつつあり、2020年に向けて高まるインバウンド需要もあって、今後さらに注目が集まることが予想されています。

 GMOペパボは、約44万人の作家の手が生み出した、800万点以上の作品が集まる国内最大(※2)のハンドメイドマーケット「minne」を運営しています。これまで「minne」では、福岡の博多人形や長崎の波佐見焼(はさみやき)など、伝統工芸とコラボレーションした企画を複数実施してまいりました。しかし、2017年度の「minne」流通額における家具・生活雑貨の割合は7.7%にすぎず、その中でも伝統工芸手法を用いている作品は若干数に留まっています。

 一方、ニューワールドは、日本の伝統工芸品に特化した動画コマースサイト『CRAFT STORE』を運営しており、現在50ブランド400点ほどの商品が掲載されています。

 そこでこの度GMOペパボは、“手仕事”という点で「minne」と関係の深い伝統工芸品について、販路拡大を担うとともに、多くのユーザーへの関心を喚起するべく、ニューワールドと資本業務提携を行うことを決定いたしました。

(※1)出典:一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会の統計より
(※2)2018年5月末時点、国内ハンドメイドマーケット運営主要4サービス公表登録作家数を比較【当社調べ】

【資本業務提携の概要と今後の展開】

 今回の資本業務提携により、ニューワールドはお取引のある伝統工芸職人に向けて、「minne」への出品による販路拡大のご提案を行うことが可能になります。一方GMOペパボは、「minne」において『伝統工芸品』を強化し、作品数の増加および流通拡大を図ります。
 また、「minneのアトリエ」(※3)で伝統工芸品の職人によるワークショップやセミナーなどのイベントを実施するほか、百貨店でのイベント出店といったオフライン施策も展開していく予定です。

(※3)「minneのアトリエ」は、ハンドメイドを楽しむための場所で、作家向けの勉強会やワークショップなど様々なイベントを開催しています。現在は、世田谷、神戸、福岡の3つのスペースを展開しています。

【ニューワールドについて】

 ニューワールドは「映像と買い物をつなげる」というコンセプトを掲げ2013年に創業しました。日本の伝統工芸品に特化した動画コマースサイト『CRAFT STORE』を運営し、現在50ブランド400点ほどの商品を掲載しています。また、伝統工芸職人への営業力を武器に、販売施策としての動画コンテンツの制作やSNSを活用したプロモーションを行うことで、取引先社数を約100社まで伸ばし、日本のモノづくりメーカーのマーケティング支援など事業の拡大を図っています。

■『CRAFT STORE』(URL:https://www.craft-store.jp/
 『CRAFT STORE』は、伝統工芸 曲げわっぱの技術を使った「杉の木クラフト うるしの弁当箱」をはじめとするテーブルウェアや、アクセサリー、バス用品、雑貨小物などを扱っている動画コマースサイトです。

<『CRAFT STORE』取り扱い商品(一部抜粋)>

<資本業務提携先の会社概要>

会社名 ニューワールド株式会社(http://neworld-japan.com/
所在地東京都世田谷区
代表者代表取締役 井手 康博
資本金27百万円(平成30年5月末時点)
設立 2013年11月1日
事業内容 CRAFT(コンテンツ制作、コンサルティング、コマース)

  • 【資本業務提携に関するお問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社 社長室 川口
    TEL:03-5456-2614

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社 広報担当 浜田・田辺
    TEL:03-5456-2614 E-mail:pr@pepabo.com

    ●ニューワールド株式会社 広報担当 木山
    TEL:03-4405-3058  E-mail:pr@neworld-japan.co.jp

    ●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
    TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOペパボ株式会社

    株式情報 JASDAQ(証券コード3633)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 佐藤 健太郎
    事業内容 ■ホスティング事業 
    ■EC支援事業
    ■ハンドメイド事業
    資本金 1億5,967万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP
すべての人にインターネット
関連サービス